小学生男子のひげ脱毛、ヒゲ処理方法について

小学生の男子は小学校3年生くらいから、高学年にかけてヒゲのウブ毛が濃くなったりしてきます。

 

この柔らかいウブ毛のようなヒゲが長くなるととっても恥ずかしいです・・・。給食で牛乳なんか飲んだら・・・まぁ、飲んだ跡が非常に恥ずかしいわけです。
基本的にはとても見た目も悪いですね。

 

ただ、このウブ毛のようなヒゲは男性ホルモンが成長に伴い変わってくることで薄くなる子供もいますが・・・現実としてやはりちょっと見苦しいので処理したいところですね。

 

ですが、最初から大人の男性が使うようなT字のカミソリや電動シェーバー(電気カミソリ)では小学生のキレイで柔らかい肌を傷つけてしまいますし、将来においてヒゲが濃くなる原因にもなります。ヒゲ処理、ヒゲ剃りは小さいうちから肌に優しいケアが重要です。

 

ということで、コチラで小学生男子のヒゲ処理におすすめの方法をご紹介します。

 

1・女性の顔用シェーバーを利用して優しくケアする。

 

2・剃った跡は必ず抑毛ローションを利用して濃くならないようにする。

 

3・家庭用脱毛器で10代後半、20代にかけてヒゲが濃くならないケアをしておく。

 

↑上記のような処理を心がけてみてください!

 

小学生の男子が使える脱毛グッズはコチラ!

ケノン パイナップル豆乳除毛クリーム コントロールジェルME

脱毛器ケノン

売れ筋のオススメ家庭用男女兼用脱毛器。全身対応ができて出力調整もあるので、子供さんでも安心。親子で使えヒゲ、鼻下、眉毛にも使えます。安心の1年保証!

肌に優しい除毛クリームです。肌の弱い子供さんでも使える豆乳除毛クリームです。ごっそり除毛できます。
30日間の全額返金保障あり

シェーバーやカミソリでの処理後に肌を守り、抑毛効果、鎮静効果を与える抑毛ローション。
60日間の全額返金保障あり

 

※急にツルツルになると違和感も・・・
また、すでにヒゲのウブ毛が長く濃くなっている場合、いきなり完全に剃ってしまったり、処理してしまうと逆に目立ちます。
すでにヒゲが目立っている男子の場合は、少し短目にシェービングする、すくように減らしていくという感じでじょじょに処理することをオススメします。
※すくようにシェービングするには、眉毛用のコーム(くし)を利用しながら、シェービングしつつ、処理後は脱毛器等で量を減らすための処理をすることをオススメします。